TAIZAIKI 4

12/12

確か寝床に入ったのが02:00だったか。05:00に起きてしまった。

筋肉はかなりの疲労とダメージだのに、興奮が冷め遣らない。

今夜は目が冴えて眠れません。

老舗のライブハウスは重厚なたたずまい。扉を開くと中央に大きなバーカウウターが鎮座。

ステージの上にはリングがそびえたつ。

リングに上がると、2階席からもまじかにオーディエンスを感じる。

まさに、海外ならではのプロレス空間である。

AKIRAのムササビ道場 トレーナー日記

観戦と言うよりは、オーディエンスののりはハードロック、いやメタル系で雄叫びを上げに来ていると言った様相。

スターバックはもちろんここでも

カリスマ性を発揮する。

スラッシュバンドのボーカルでもある奴のパフォーマンスは客をと一体化して放さない。

かくして、俺は雪の表情を湛えハラワタはマグマの如く燃えるSAMURAI日本人を演じてみる。

海外マットはオーディエンスとの呼吸でありエネルギー交換だ。

ここでも、プロレスの面白さと可能性を体感する。

きっちりと身体を痛めつけられて、きっちりと身体の限界まで追い込んで、オーディエンスの喝采を浴びる。

控え室にもどると仲間の祝福。

ありがとうみんな。

AKIRAのムササビ道場 トレーナー日記
KAGEMANGOROと


TAIZAIKI 4” への2件のコメント

AKIRA(野上彰) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事

カテゴリー: ブログ   作成者: AKIRA パーマリンク