カテゴリーアーカイブ: ブログ

子供達と

子供達がこびとを本気で探している。

なばたとしたか の一連の「こびと大百科」などの著書は

子供にとっては、冗談ではなくリアルな説得力をもつらしい。

お菓子でおびきよせる罠をしかけて、真剣に待つかれら。

AKIRAのムササビ道場 トレーナー日記

『あっ、いま黒い影が動いたよっ』

なんだか、俺もその気になってきた。

今日は南の強い風。福島も西の風。いつもより安心の外遊び。

ただ、

環境放射線の土壌汚染はいかほどか?

砂場、土遊びOKでしょうか?

『父として考える安全対策』八谷和彦ご参考ください。




青春だなぁ、

今日も西調布アリーナでSMASH練習がおこなわれた。

練習生のGUTSに青春の燃え上がる生命力を感じる。

いずれも個性派。近い将来が楽しみでしかたない。

恐れ知らない、それが若ささ、そうともそれが青春だ!

とは、よく言ったものだ。

青春真っ只中の彼らとは、何時の頃か違うフィールドにいる俺なのだが、

よっし、俺もリミッター外してやっからな。

これからのご時世、

何があろうと、どっこいシブトク熱く活き抜いてやるぜ!平和国家を築いてやる。ちょっとだけ言い過ぎたか?

あ、昨日街でデジカメ衝動買いしてしまいました、安かったからつい・・・。

添付テスト
AKIRAのムササビ道場 トレーナー日記




息子練習見学

AKIRAのムササビ道場 トレーナー日記

春休み最終日。

学童保育ではワビもサビもあったもんじゃないので、

SMASH練習に連れてきてしまいました。

もちろん見てるだけでしたが、

なかなかの洞察力。良し悪しくらいは的確でした。

帰り道で、児玉選手の話になり

「アノ人に良く似た子を見たことある、4年生にいるんだ」と息子が、

父として、

『アノお兄ちゃん(児玉選手)の子供か、アノお兄ちゃん本人だよ』

と教えてあげました。




風評って、

AEDの取り扱いの講習を受けた時にこんな話を聞いた、
『救急救命の現場ではパニックであれ』
と。
必至で懸命になることで、即、周りの人達から関心を集め、
多くの人達から手助けをもらう事が大切なのだと。
落ち着けとは言わない、むしろ懸命で必至であれば、命を助ける可能性が広がるのだと。
イッポウ
こんな事があった、
スーパーマーケットでうずくまったおばぁ様がいた。その横で世話をされていた女性がいて、
心配で近寄ると「救急車を手配しているから大丈夫でなんです」と、
ならば、救急車が到達するまでに応急手当てを施すべきなのだが、道路の様子を伺うだけだった。
とにかく、
騒ぎ立てるのがお店の為にならないのか、
おばぁ様の名誉にふれると思っているのか、
大袈裟にされるほどでも無いと勝手に判断したのか、
何の根拠か解らないが誇らしく言い放って来る人を寄せつけない。
何か、この原発の報道も
これと似ている気がしてならない。
格納容器の状況は臨界の危機にあってホウ素水でかろうじて対抗しているかもしれないのに…。
環境も子供達にはカナリヤバい影響を残す確率が高いのかもしれないのに…。
依然として、
混乱を嫌う表現が『大丈夫なのだ』と受け取られてしまう報道ばかり。
これで命を救えるのか、
被害が10年後なら関係ねぇと見逃すのか。
正しいパニックを起こす時では無いのだろうか?
関東では、
今週から新学期。
学校の先生からはマスク着用や外での運動を控える様に、水道水は飲まない様になどの
御達示は事件後から一度も無い。
ワイドショーしか観ない人達は
ミンナの様子にしか従って行動しない。
パニックを起こせずにいるのも風評被害ではなかろうか。
http://www.smashxsmash.jp/